カイロ ~ ルクソール・アスワン(エジプト) 列車の旅(昼間!)

2010年8月現在

概要

  • 移動区間: エジプト カイロ ~ ルクソール・アスワン
  • 交通手段: 列車
  • ポイント: カイロからアスワンまで列車で行く際、観光客には高い夜出発の夜行列車のチケットしか窓口で売ってくれない。ここでは、昼に列車で行く方法を紹介。(でも、乗れないリスクもあるので時間とガッツがある人のみ!)

カイロからルクソールやアスワンまで列車で行くのは、バックパッカーにとって、とってもポピュラーな移動方法。

ただ、この列車移動、落とし穴があるのだ。

カイロの駅に実際に行って列車のチケットを買おうと窓口へ行くと、夜行列車しかないと言われる。エジプトの電車のサイトを見たら、一日何本もカイロ~ルクソール~アスワン間の列車は何本もあると言うのに。

列車移動は約10時間かかるので、夜行で寝ながら行くと一日宿代も浮くし、その方が良い場合は、そのまま窓口で前日にチケットを買えばOKなので、この先を読む必要はなし!

一方、電車代を浮かせたい、日中に乗って景色を見たい、ただ単に冒険してみたい、と言う人たちは、この窓口で売ってくれない、「Egyptian only」列車に乗ってみたいと思うかもしれない。
実際、私たちも電車代を浮かし(ルクソールの宿代を入れても夜行より安かった)、日中の景色を見たかった為、午前8時のカイロ発の便(午後6時ルクソール着)に乗りたいと思っていた。
ダメもとで前日に窓口に行ったものの、あえなく玉砕。直前に並んでたアメリカ人の女の子は諦めて167EGPで夜行のチケットを買ってたけど。

何故、観光客には日中の列車のチケットを売ってくれないのか。
これは、数年前にあったテロの後に、観光客の安全を考慮するという面目で、観光客には窓口では日中発のチケットを売ってくれず、料金の高い夜行列車のチケット(夜22時発など)しか売ってくれなくなったとか。
ただ、この制限については今のところ具体的に説明されている公式サイトなどがない(と思う)らしい。私達もそうだけど、バックパッカーで似たような経験をした人のサイトなどを読んだ限り、誰も公式のページで説明されている文などは見つけられていないのだ。

その為、ホステルやホテルなど、口コミで聞く限りみんな「エジプト人じゃないなら(=観光客なら)夜の便しかないよ」と口を揃えて言うけど、オフィシャルなツーリストインフォメーションオフィスなどに聞くと「そんな制限知らない」と言われることもあるらしい。
窓口近くをウロウロとパトロールしている警察のおじさん達も知らない場合が多い。

さて、ではどうするか。
要するに、観光客に窓口で売ってもらえないだけなので、
①エジプト人の人に代わりにチケットを買ってもらう(ホステルのスタッフなど)
②列車に勝手に乗り込んで車内でチケットを購入
等の方法がある。

私たちは、①を試したけど、引き受けてくれる人がいなかったので、②をトライする事に。

かなりドキドキしたけど、意外とすんなり行けた。
手順は以下の通り。

列車情報

  • 料金: カイロ~ルクソール間一等席 90 EGP+車内発券手数料 2~5EGP (夜行の場合は 167 EGP)
  • 移動時間: 約10時間
  • 出発時刻: *****オフィシャル列車サイト参考*****

Just jump in! 手順

以下の手順は、2010年8月現在の情報です。
下記の参考サイトを見た限り成功率は高いらしいけど、必ず成功するとも限らないので、時間がない人やドキドキに耐えられない人は夜行で!
失敗しても責任は負えません…。

  1. 列車の出発30分前には駅に到着しておく
  2. 落ち着いた表情で、長距離rプラットホームへ。途中セキュリティらしきゲートがあるけど、実は何もチェックしていないので、他の乗客と共に知らん顔で素通り。
  3. プラットホームで他の乗客に一等席または二等席はどこか聞く。(一等席の方がお薦め)
  4. 列車に乗り込む。もし誰かが案内を買って出たら席まで連れて行ってもらい、チップを少し渡す
  5. 出発時間まで大人しく待つ
  6. 出発してカイロの町から出ると車掌さんが回ってくるので、チケットを車内発券してもらう
  7. Enjoy your journey!

その他参考情報

私たちが列車に飛び込む決心をする前に読んだ、とっても参考になったサイトはコレ:

因みに、同じ列車移動でも、カイロ~ルクソール~アスワン間以外の電車は、昼夜どの列車の券問わず窓口で売ってくれるはず。

細かいドキドキ体験については、このブログエントリーを是非読んでみてください!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>