マチュピチュ 旅のヒント、行き方などなど

2010年5月21日現在

Machu-Picchu

マチュピチュに行きたいけど、高い…と思ってるあなた!実は、安く行く方法があるんです!
マチュピチュまでのルート、旅のヒント(ワイナピチュチケット獲得方法?!)、持って行ったほうが良いものなど、私達の知っている情報をまとめました~。

※ 写真の手前がマチュピチュ、右奥の尖った山がワイナピチュ。


行き方・ルート : クスコ ~ マチュピチュ

他の町からマチュピチュに行く方法もあると思いますが、多くのバックパッカーは、うちらのようにCuzcoからマチュピチュに向かうことでしょう。
ここでは、Cuzcoから向かうことを前提に、ルートを紹介します。

予算・時間・そしてあなたの努力次第で、マチュピチュに着くまでのハードさが変わる!ので、以下のいくつかの方法を(勿論他にもいろいろあるので周りに聞いてみてくださいね)吟味して、自分のスタイルに合った方法でマチュピチュを目指してください。

因みに、私達は以下の3つの方法のうち、2つしか試していません。行きは3)の方法、帰りは2)の方法。
よって、あまり1)のツアー会社については詳しく書けませんので、ご了承を。

では、本題。
マチュピチュに行くには、その麓にある、Aguas Calientes (アグアス・カリエンテス)、本名Machu Picchu Pueblo (マチュピチュ村)、にまず行く必要があります。
そこから、徒歩かバスでマチュピチュの山を登ります。

CuzcoからAguas Calientesに行く、主なルートは3つ。

1) 旅行会社のツアーを利用 – 簡単+高い

日本語ツアーもあるのかは謎。 大体英語かスペイン語。

Aguas Calientesまでの所要時間:
4時間~数日
予算:
ツアー内容や旅行会社によってまちまち。
トレッキングなども合わせて数日のツアーが多く、大体数百米ドル。
ルート:
数日かけて、インカトレールと言われているいわゆるインカの道を歩いていくツアー、それが高すぎまたは予約がいっぱいで取れない場合はその裏の道を歩いていくツアー、または、トレッキング・ラフティング・マウンテンバイキングを合わせたスポーツ系ツアーもあり。
また、下記の2)のように列車と宿泊施設だけを手配して貰えるツアーもある。
計画するには:
もし、Cuzcoに着いたのにまだ何も予約していなくても、ご心配なく。
Cuzcoの中心、Plaza de Armasの近くをあるいていれば、無数の旅行会社に声をかけられます。
勿論、評判の良い旅行会社も悪い旅行会社もあるので、しっかりいくつか比べてくださいね。

2) バス/コレクティーボ + 列車

2010年1月の土砂崩れ以降、鉄道会社はまだ完全に開通していない部分の復旧に力を入れています。
Perurail会社によると、予定では Cuzco ~ Machu Picchu(Aguas Calientes)間の完全開通は2010年6月30日とのこと。詳しくは、ここを参照

それまでは、私達が帰りに使ったルートと同じで、下に紹介するとおりです。

Aguas Calientesまでの所要時間:
4~5時間
予算:
110ソル~

  • Cuzco ~ Ollanta y Tambo バス又はコレクティーボ(相乗りタクシー) : 10ソル
  • Ollanta y Tambo ~ Aguas Calientes コレクティーボで途中まで行き、それから列車 : 34米ドル(約100ソル)
    • 勿論もっと高いクラスもありますが、New Backpackerクラスで充分!すごく快適。
    • 列車は様々なクラスに分かれています。安いものは早く売切れてしまうので、少なくとも前日までには手配した方がベター。
    • ひとつの列車にいくつかクラスがあるのではなく、時間によってクラスが違うので注意!
ルート:
  1. バス又はコレクティーボで、Cuzco から Ollanta y Tamboに移動
  2. 鉄道会社が用意したコレクティーボで(要確認!)、Ollanta y Tambo ~ 一時的な駅のPiscachuchoに向かう。(勿論列車のチケットにこの分の料金は含まれている)
  3. 列車で Ollanta y Tambo ~ Aguas Calientesへ

上記は、線路が完全復帰するまでの一時的な行き方で、復旧後はCuzcoからAguas Calientesまで直接いけるようになるはず?!

計画するには:
鉄道会社は2社:

私達は、比較して一番安い New BackpackerクラスがあるPeruRailを利用しました。
IncaRailはわかりませんが、PeruRailは、オンラインでチケットを簡単に予約することができます。

3) バス/コレクティーボ + トレッキング – 格安!

安さとローカルな雰囲気が一番味わえることから、バックパッカーに人気が出ているルート。

Aguas Calientesまでの所要時間:
10~12時間。長いけど、格安、そしてハラハラドキドキちょっとした冒険つき!?
予算:
45ソル

  • Cuzco ~ Santa Maria: バスかコレクティーボで 25-30ソル
  • Santa Maria ~ Hidroelectrica: コレクティーボで 15ソル
ルート:
  1. バス又はコレクティーボで Santa Maria に行く(バス6時間、コレクティーボ4時間)
  2. コレクティーボで Santa Maria ~ Hidroelectrica (Santa Teresa経由)に行く(1時間半)
  3. 線路に沿って、Aguas Calientesまでトレッキング(2時間)
    • このルートについて聞くと大体みんなSanta Maria から Hidroelectrica の区間は、一度Santa Teresaで別のタクシーに乗り換えだと言う。
      でも、交渉すれば、Santa Maria から Hidroelectrica まで直接行ってくれるコレクティーボもある。私達も交渉して、2つに分けていったときと同じ値段で直接Hidroelectricaまで連れて行ってもらった。

    • 1月の土砂崩れの時、Hidroelectorica近くの橋も壊れてしまったため、実際はHidroelectoricaまで車でいけず、3km程手前の川のほとりで降ろされる。(2010年5月現在)
    • 高所恐怖症の人、注意!
      Hidroelectricaの3km前でコレクティーボを降ろしてもらって直面するのが、川を渡してあるワイヤーとそれにぶら下がる鉄のカゴ(?)。これに乗って川を渡ります。覚悟を決めて行きましょ~。
計画するには:
  • CuzcoのTourist Information Office(スペイン語、英語可)で、最新の情報を手に入れてから行きましょう。土砂崩れの工事の近況が変わって、ルートが変わっているかもしれません。
  • 夜8時位に出発する人もいれば、朝8時に出発する人もいます。私達は、Cuzcoのホステルを午前6時45分に出て、Aguas Calientesに午後6時位に着きました。
    但し、Santa Mariaまで、コレクティーボ(4時間)でなくバス(6時間)だったら到着がかなり暗くなってしまい、線路を真っ暗闇の中歩いたり、暗くなってからホステルを探したりするのは厳しいので、朝出発の人はコレクティーボがお薦めです。

  • Cuzcoからのバスまたはコレクティーボは、Estacion de bus “Santiago”というバス停から出ています。但し、このバス停の名前はあんまり地元の人が使っていないみたいなので、ホステルなどで確認したほうがいいです。私達は、「Quillabamba行きのバスが出るバス停」で通じました。
  • コレクティーボにする場合の注意点
    • 相乗りタクシーのようなものなので、人数が集まらないと出発してくれません。うちらは、7時にコレクティーボに乗り込みましたが、他のお客さん(8人で満員)がなかなか集まらず、8時まで1時間待ちました。
    • タクシーでコレクティーボ乗り場に行くと、たくさんの運転手さんやコレクティーボ会社の客寄せのお姉さんに話しかけられます。頑張って値切りましょう。相場は、30ソルですが、うちらは25ソルに値切りました。
    • Santa Mariaの先のコレクティーボまたはタクシーですが、これまたSanta Mariaについた瞬間に、何人かの運転手さんに話しかけられるので、探すのには特に苦労しません。
  • 川も渡り、無事Hydroelectricaの駅に着いたら、そこからは線路を辿るだけです。が!往路線路と、復路線路の二つがあり、最初に見るのは往路線路です。でも、それだと午後は電車の頻度が高く少し危ないので、復路線路を普通辿っていきます。復路線路は、駅から少し行ったところにある小さな小道で丘を登ったところにあります。
    少しわかりにくいので、一度Hydroelectricaに着いたら、駅員さんや警察など、ちゃんとした情報を持った感じの人に何回も確認しながら進みましょう。


知っておくと便利

  • CuzcoのPlaza de Armas近くのTourist Information Office(スペイン語、英語可)で、最新の情報を手に入れてから行ってくださいね。
  • 大体のCuzcoのホステルがマチュピチュに行くバックパッカーの大きな荷物を数日無料で預かってくれます。マチュピチュには身軽に行くのが一番。数泊分の荷物だけ持って、後はCuzcoにおいていきましょう。
  • Aguas Calientesには、15ソルの安宿から7万円の高級ホテルまで、たくさん宿があります。中心から離れれば離れるほど(徒歩5~10分)、安宿が多くなります。(当然?)
  • Aguas Calientesでは、ミネラルウォーターなどが観光客価格でかなり高いので、できればCuzcoでおやつやミネラルウォーターを買っておくのがお薦め。
  • 一旦マチュピチュの入り口まで上がると、入場券は買えません。
    必ず、Aguas Calientesに着いたらすぐ購入しましょう。Cuzcoでも買うことができますが、入場券は3日間しか有効ではないので、Aguas Calientesで買うほうが確実?!入場券売り場は、夜遅くまで空いています(午前5時~午後10時?要確認)

  • Aguas Calientesからマチュピチュまでは、徒歩1時間半の急な上り坂です。
    20ソルのバス(約20分)もあります。午前5時半の始発に乗るのであれば、チケットは前日に買っておきましょう。因みに、節約するのであれば、帰りだけでも徒歩で降りてくるのも手。(私達はそうしました)

  • 一日平均1500人の観光客が訪れるマチュピチュ。しかし、ほとんどの人が夕方そのまま電車でCuzcoに帰ることが多いみたいです。その為、3時以降は、どっと観光客が減り、とても静かな夕暮れがマチュピチュを訪れます。
    もし時間があるのであれば、是非、マチュピチュに丸一日使えるよう、その晩もAguas Calientesに泊まってみてください。私達は、3時以降は、現地ツアーでカバーしなかった部分の遺跡を見たり、芝生の上で昼寝をしたりして、思いっきりマチュピチュを満喫しました。入場料が結構高いし、折角はるばる日本からここまで来たので、満喫すべし!

  • マチュピチュに一旦入ると、食べ物を買う場所はありません。一応マチュピチュは、食料持込禁止なのですが(朝一に入場すると、人が多すぎてカバンチェックなし)、おやつぐらいは結構みんな食べながら歩いています。また、ワイナピチュの頂上では何故か普通にみんな持ってきたサンドイッチなどを食べていても、係りの人に怒られたりしません。
  • 地元のガイドさん達が入場の門の前で、「guided tour?」と聞いて周ります。日本語のガイドさんは見かけませんでしたが、もし英語がわかるのであれば、是非20ソルほどでガイドさんをつけてみてください。ガイド本を見ながら歩いて周ると見落としがちな古代の謎も、丁寧に色々教えてくれマチュピチュが何十倍も面白くなります。


ワイナピチュに行くなら…これも知っておこう!

  • ワイナピチュに登るのであれば、かなり急な45分~1時間の階段地獄を登る覚悟を決めてから行きましょう。でも、上からみるマチュピチュもまた、素晴らしいのでおすすめ~!
  • ワイナピチュには、一日400人の入場制限があります。午前7時に200人、午前10時に200人が入場します。10時の入場の方が、ちょうど頂上に着いた頃に上でピクニックランチができるし、晴れる確率も高いと言われています。しかし、私達が行ったときは、7時の方が晴れていて、10時に入場し12時に頂上に着いた頃には雨がポツポツ…。こればっかりは、行った日によるので、臨機応変に7時か10時かの入場希望を選んでください。
  • 肝心のワイナピチュへの入場券について。一旦マチュピチュのチケットを買うと、ワイナピチュは無料です。しかし、このチケット、マチュピチュの入り口に着いた早いもの順(勿論ワイナピチュに登るのを希望した人の中で)なのです。かーなーりの競争率です。
    マチュピチュの開場が、午前6時。その前に、マチュピチュの入り口の門の前で長蛇の列に並ばなきゃいけません。6時に近くなると、係りらしき人が前から、「Waina Pichhu?」と聞いて周り、チケットを配布していくので、しっかり耳をダンボにして聞いておきましょう。ワイナピチュのチケットは、小さい紙きれで、これに番号(勿論400番まで)がかかれ、マチュピチュの入場券にホッチキスで付けられます。

  • もし、徒歩で Aguas CalientesからMachu Picchuの入り口に行き、ワイナピチュのチケットも欲しい場合は、午前3時半~4時には出発し(5時半到着を目指して)、ヘッドライトを持って行きましょう。1時間半~2時間の急な、暗~い(朝日の前なので)登りです。
  • 上にも書きましたが、もう一度…。Aguas Calientesからマチュピチュまでは、徒歩1時間半の急な上り坂です。20ソルのバス(約20分)もあります。午前5時半の始発に乗るのであれば、チケットは前日に買っておきましょう。
  • バスでマチュピチュ入り口まで行く場合は、始発は午前5時半でも、4時半~5時前には列に並んでおきましょう。私達は、甘く見ていたため、5時10分頃にバス停に着いたのですが、そのときには既に長蛇の列ができていました(200人ほど?)。マチュピチュの入り口には、徒歩で登って先にワイナピチュチケットをとるために入り口に並んでいる人も合流する為、結構な人数になります。
    因みに、私たちはぎりぎり、390番目でした~。

  • 高所恐怖症の人へ…。私のように高所恐怖症の人は、上りは上を見ているだけなのでまだマシですが、ワイナピチュから降りてくるときがかなり怖いです。ので、覚悟していきましょう。私は、降りてくるときずっと夫の手を離せませんでした…。


持って行ったほうが良いもの

  • 現金・クレジットカードなど、すぐお金になるもの。ATMは時々お金の在庫がなくなるらしいので、あてにしないほうがベター。
  • ミネラルウォーター!(Aguas Calientesでは劇高です)
  • カメラ
  • T-シャツ (マチュピチュは、涼しく乾燥したクスコと違い、ジャングルにあります。ので、暑い!あっという間に汗かくので、長袖よりTシャツの替えを!)
  • 充分な睡眠(朝早く、ワイナピチュを登り、夕方までマチュピチュにいようと思ったら、体力が必要!)
  • 朝マチュピチュを徒歩で登るのであれば、ヘッドライトまたは懐中電灯
  • 日焼け止め
  • 虫除け、ムヒ
  • もし、雨にぬれるのが嫌であれば、雨具

Have a great journey!!

マチュピチュ 旅のヒント、行き方などなど への1件のコメント

  1. 新井 より:

    はじめまして。
    3泊4日のマチュピチュトレッキングツアーに参加する予定です。
    お聞きしたいのですが、靴は登山靴の方がよろしいですか?それかトレッキングシューズでも大丈夫でしょうか。よろしくお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>