いくら使う? 予算を決めよう

~鋭意執筆中~

言うまでもなく、予算はとっても大切な世界一周の準備の内のひとつ。

旅の期間やスタイル、ルートによって予算は大分変わってきます。
なので、予算を立てる前にそこをある程度決めることが先決。

ある程度貯金があって、大体いくらかかるのか知りたいという人、いつか将来世界一周したいからいくらためればいいか知りたいという人、様々だと思いますが、ここでは私たちの経験を混ぜながらポイントを書いていきます。

予算を立てる前に決めること

もちろんがっちり決める必要はないけど、ある程度の目安になるよう、大まかに以下のことを決めておきましょう。

  • 旅の期間
    言うまでもなく、期間によって予算も変わってくるので大体の旅の期間を決めておく
  • 旅のスタイル
    エクストリームスポーツをやりたい(観光客価格なので高いことが多い)、大都市を周りたい(田舎より高い)、お酒が大好き(アルコールは基本的にどこでも金食い虫)、空路より陸路でゆっくりローカルな場所を訪れたい(市バス、長距離バスを使うと便利なタクシーや飛行機よりは断然安い)、ホステルでは個室じゃなく相部屋のドミトリーで良い(相部屋、二段・三段ベッドのドミのほうが安い)、カウチサーフィンしたい(英語力とホストを見つけるまでの根気が少し必要になってくるけど、宿代無料、時には洗濯費・食費も無料)などによって予算がまったく変わってくるので何に重点をおくかを決めるのが大切
  • 目的地
    当然ながら、国によって食費や滞在費が大きく変わってくるので、どの地域・国に長く滞在したいか大体決めておく

予算を立てる

世界一周の予算 =
世界一周の間の一日の予算 x 旅行日数 x 1.3
+ 大きい交通費(世界一周旅行券、最初の飛行機代など)
+ 準備費用(引越し代、旅行用物品購入費など)
+ 旅行期間分の税金(住民税など)
+ 旅行期間分の社会保険費(年金・国民保険など)
+ 旅行期間分の月々・年間の固定費(倉庫や家賃、カードの年会費など)

ポイント

多めに見積もる

いくら頑張ってもやっぱり「今日はがんばったから」「もうここに来ることはないから」など、「奮発しよう」などという機会が多い世界一周。
こういう時のために、一日の予算の大体30%増し位で予算を立てておくと安心。

一年丸ごとでなく、一日平均単位で予算を決める

一日の生活費を平均でいくらにするかを考えると、予算が立てやすい。また、旅の間に予算以内に旅行できているかどうかの目安にもしやすい。あくまで、一日「平均」予算なので、旅の途中で「今日は使いすぎた!」と思っても、別の日で節約し、一ヶ月や一カ国滞在ごとに平均を出し、見直すと良い。
一日平均予算には、交通費・食費・宿代・その他諸経費(お土産、日用品、通信費など)が入る。

大きな交通費は別に枠を作る

世界一周旅行券など、旅に行く前にはっきりと額がわかる場合は、上記の「一日の予算」には組み込まないで、別枠で足す。

準備費用

バックパックはもちろん、靴、旅行の細々としたものなど、世界一周のための物品購入費や、世界一周に出るための引越し費用など、準備にかかる費用を考慮する。
購入費に関しては、今だとウェブである程度物が揃うので、アマゾンや楽天で必要なものを買い物かごに入れて大体どれくらいかかるか把握できる。

税金や社会保障制度から来る請求額の考慮

国外に長期で出ていたら何も国や都道府県や市町村から請求が来ないかというとそんなことはない。
まず気をつけたいのは、住民税。
これは翌年課税されるので、世界一周の前年に所得があった人は、いくら税金がかかるか調べて確保しておくこと(因みに、国税である所得税は働いている年に課税されている)。
また、海外に出ている間に社会保険制度の加入をキープするかしないかは、単にお金を払いたいか払いたくないかという基準ではなく、そのメリットを受ける権利を確保したいかどうかなどの選択をすることになる。もし加入を継続するなら、その分もしっかり予算に組み込むこと。

生命・医療保険、倉庫費などの月々の請求額の把握

税金以外に毎月・毎年払っている固定費も予算を立てる際にに考慮する。

為替レートの流れを知っておく

現地通貨で物やサービスを購入するので、円高か円安によって、塵も積もれば山となるで、数ヵ月後には結構な額のブレがでてきます。
大体日本円が世界の通貨(対ドル、対ユーロぐらいで取敢えずは充分)に対してどんな位置づけにあるか把握しておくと後で思ったより高くついた!なんてサプライズが減るかも。

地域別平均予算

日本で働いていれば「安い!」と思っていても、実際収入なしで旅をすると瞬く間に「高い!」と思うようになることも。

ここでは、私たちの「感覚」で東京の物価と比べてどういう印象を受けたか簡単に書いておきます。
でも、あくまで主観的なので、参考程度にして、各自で調べてください。

因みに、私たちが旅行に出ていた2010年~2011年前半は円高だったので、ある程度他の国安かったイメージが多かったです。円安の時期に旅をする人は気をつけてください。

東京の物価と比べて…
(1:かなり安い、2:安い、3:まあまあ安い、4:少しだけ安い、5:同じくらい、6:高い)

  • 北米: 5
  • 中米: 3
  • 南米: 国によって様々。ボリビアは1。チリ、アルゼンチンは3。ブラジルは4~5。
  • 北アフリカ:2
  • 南アフリカ:4
  • 中東: 国によって様々。ヨルダン・トルコは4。イスラエルは4~5。シリアは2。
  • 東欧:2
  • 中西欧:5
  • 北欧:6
  • アジア:国によって様々。インドは1。タイ・カンボジアは4。ベトナムは3~4。

※私たちが行った国の事しかわからないので、まずは私たちが行った国を参照してください。

Horizon Hunters スタイル

私たちの場合の予算は以下のとおりです。参考にどうぞ。

予算

  • 旅の期間: 一年
  • 旅のスタイル: 大きな移動だけは世界一周旅行券で、
  • 目的地: 基本的に、子供ができてからはちょっと行きにくいような僻地や日本から遠かったりおいそれといけない国々。物価の高い先進国は、子供を連れてでも行けるので、目的地の物価は、平均で低~中。

日本語に訳し中~

What to know how much it costs to travel around the world?

Daily Spend per Country

We’ve been keeping track of our expenditures as we travel around the world and are posting them here as we go along. We are not the thriftiest travelers out there, so our spending is going to be a bit above what you find in the Lonely Planet guide. Prices are good for 2010 and things change quickly, so don’t take these prices as fixed. Spending for each country is all inclusive, meaning it includes the visa costs and travel into and out of the country.

We work in Japanese yen, but here the prices are converted to the amounts in USD. Conversion rates can cause some serious fluctuation in price. Prices are for one person.

Country Total Spend Daily Spend Days
Chile $885 $49 18 days
Argentina $1,028 $42 25 days
Brazil $1,148 $49 24 days
Bolivia $977 $33 30 days
Peru $587 $39 15 days

We’ll continue to update this table as we make our way around the world.

Round the World Total Budget

We expect to spend about $15,000 per person for the entire year. This includes the Oneworld around the world airplane tickets.

Other references

There are thousands of others who have done the same. Check out their sites for examples of other budgets.

Or just Google rtw budget and you’ll get many of the same links as above and probably more up to date ones.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>